記事にはプロモーションが含まれてます

鬼滅の刃柱稽古編はつまらないしひどい?短いって本当?

鬼滅の刃柱稽古編はつまらない?短いしひどいと言われる理由を解説

鬼滅の刃の「柱稽古編」は、無限城への序章として非常に重要なストーリーであり、主要なキャラクターたちの知られざる過去が明らかになるなど、重要な内容が詰まっています。

しかし、柱稽古編は「短い」「つまらない」「ひどい」といったネガティブな評価が見られます。

どのような漫画やアニメでも賛否両論ありますが、物語を深く理解し、次の展開を楽しむためには必要なエピソードであると言えるでしょう。

そこで、この記事では、鬼滅の刃柱稽古編はつまらないのか、ストーリーも短いし、ひどいと言われる理由を解説していきます!

編集部:仁芭
無限城編が楽しみすぎて早く見たいです!
この記事でわかること
  • 無職転生のアニメで追加されたシーンの内容について
  • 追加シーンが視聴可能なプラットフォーム
  • Blu-ray版と他のメディアとの内容の違い

 

目次

鬼滅の刃柱稽古編はつまらないしひどい?短いって本当?言われる理由

画像引用:テレビアニメ「鬼滅の刃」柱稽古編公式サイト

鬼滅の刃柱稽古編はつまらないのか、ストーリーも短いし、ひどいと言われる理由を以下の順に解説していきます。

  1. 敵キャラが登場しない
  2. 柱稽古編のエピソードが短い
  3. 戦闘がなく映像化の魅力が欠ける

 

敵キャラが登場しない

まず1つ目の理由は、「鬼滅の刃」の柱稽古編に関する一つの主要な批判は、「上弦の鬼や敵キャラが登場しない」という点です。

これまでの「鬼滅の刃」の多くのエピソードでは、連続して強力な上弦の鬼が登場し、それがシリーズの大きな魅力の一つとなっていました。

上弦の鬼はそれぞれが個性的であり、柱たちとの命を賭けた戦闘シーンは多くのファンに愛されています。

しかし、柱稽古編ではこれらの上弦の鬼が一切登場しないため、シリーズの魅力が半減してしまうと感じる視聴者もいるようです。

柱稽古編は戦闘シーンが主体ではなく、柱たちの過去やキャラクターの深堀りに焦点を当てているため、アクションを求めるファンには物足りなさを感じさせることがあります。

 

柱稽古編のエピソードが短い

2つ目の理由は「柱稽古編」は他のエピソードと比較して特に短い内容で構成されています。

具体的には、以下の通りです。

エピソード アニメ版 エピソード数
竈門炭治郎立志編 全26話 53話分
無限列車編 全7話 13話分
遊郭編 全12話 28話分
刀鍛冶の里編 全11話 28話分
柱稽古編 4話~5話? 9話分
無限城編 ここ69話分にテキストを入力

この編は全9話という最短の長さであり、無限列車編の次に短くアニメ版になると、4話~5話になると見込んでいます。

それが理由で春アニメ中でも放送開始が遅かったのかもしれません。

他の春アニメは、4月初旬から放送開始している中、柱稽古編のアニメ版は2024年5月12日から放送が開始されています。

この短いエピソードと期待している戦闘アニメーションが無いのは、他のエピソードと比較して物語性の薄さを感じさせる要因かもしれません。

このように、「柱稽古編」はその短さから一部の視聴者には物足りなさを感じさせるかもしれませんが、キャラクターの背景を深く掘り下げる点で評価されています。

また、独自の展開を期待する声もあり、続編や異なるメディアへの適応において新たな要素が加えられることが予測されます。

 

戦闘がなく映像化の魅力が欠ける

3つ目の理由は、「戦闘がなく映像化の魅力が欠ける」という点です。

先ほどもお話しましたが、柱稽古編では明確な敵キャラクターが存在しないため、戦闘シーンが含まれていません。

アニメ作品としての映像化において、戦闘シーンは特に重要な魅力の一つです。

「鬼滅の刃」の戦闘シーンはとても目が奪われるほど綺麗な映像となっておりSNSなどでは頻繁に話題になります。

映像制作会社ufotableによる細部にわたる描写は高い評価を受けています。

そのため、戦闘がない柱稽古編のアニメ版はつまらないと一部の視聴者からは魅力に欠けると感じられています。

 

鬼滅の刃柱稽古編はつまらない?柱稽古編の見どころ

柱稽古編は『鬼滅の刃』シリーズの中で、最終決戦へとつながる重要なエピソードであり、多くの見どころがあります。

特に、時透無一郎の感情の変化、我妻善逸の特別な特訓のシーンがファンには印象的です。

このエピソードはキャラクターたちの成長が顕著に描かれており、彼らの挑戦と進化を通じて、物語がより深く、感情的な展開へと進んでいく様子が描かれています。

戦闘シーンが無くてもとても重要なエピソードが多い為、見どころを以下の順でご紹介していきます。

  1. アニメ版ではオリジナルのストーリーが盛り込まれるかも
  2. 感情を取り戻した霞柱・時透無一郎
  3. 各柱の特訓
  4. 善逸が受け取る手紙
  5. 悲鳴嶼行冥の過去
  6. 冨岡義勇と錆兎の関係性

 

アニメ版ではオリジナルのストーリーが盛り込まれるかも

柱稽古編は、一シーズンの放送として考えると、原作漫画の範囲が比較的短いです。このため、アニメ版では漫画には登場しないオリジナルの内容が豊富に盛り込まれることが予想されます。実際に、最近公開された劇場版では、漫画にはない魅力的なオリジナルシーンが多数含まれており、ファンからは熱狂的な反応が寄せられました。

これまでのアニメシリーズにおいてもオリジナル要素はありましたが、漫画派のファンでも十分に楽しめるほどのクオリティが期待されています。この新しい展開は、ファンにとって新鮮な驚きとともに、さらなる興奮を提供するでしょう。

 

感情を取り戻した霞柱・時透無一郎

感情を取り戻した霞柱・時透無一郎
以前は感情を表に出すことが少なかった霞柱、時透無一郎ですが、「刀鍛冶の里編」で重要な変化が見られました。

このエピソードで彼は、兄・有一郎との過去の記憶を思い出し、長い間抑えていた感情が解放されます。

 

表情の変化と人間関係の進展
記憶の回復により、無一郎の表情は以前に比べて豊かになりました。

特に、竈門炭治郎との関係では、これまでの冷たく距離を置いた態度が一変し、笑顔で接するようになるのが印象的です。

 

一貫した厳しさ
しかし、特訓をクリアできない鬼殺隊員に対しては、変わらぬ厳しさを見せています。

この一貫した態度が彼のキャラクターの一貫性を保ちつつ、新たな一面を見せることでファンに新鮮な魅力を提供しています。

 

このように、無一郎の感情の変化は彼の成長と内面の深さを示す重要なポイントであり、物語における彼の役割の拡大を示唆しています。

 

各柱の特訓

『鬼滅の刃』における各柱による特訓の内容は、彼らの個性豊かな性格を反映しており、それぞれの訓練が強力な上弦の鬼との対峙に向けて設計されています。これらの特訓は、物語の中で際立つ魅力の一つとなっています。

各柱に割り当てられた特訓は以下の通りです:

特訓の順序 柱の名前 特訓の概要 特訓の詳細
 1 宇髄天元(元音柱) 基礎能力向上稽古 山中の険しい山道を何度も往復する。
2 時透無一郎(霞柱) ここにテ高速移動稽古キストを入力 時透無一郎との激しい打ち込みを通じて歩法を学ぶ。
3 甘露寺蜜璃(恋柱) 地獄の柔軟 レオタードを着用し、新体操を含む柔軟性の向上を図る。
4 伊黒小芭内(蛇柱) 太刀筋矯正稽古 狭い空間で障害物を避けながら伊黒と擬似戦闘を行う。
5 不死川実弥(風柱) 無限打ち込み稽古 持久力をつけるために実弥に対しての連続打ち込み。
6 悲鳴嶼行冥(岩柱) 筋肉強化稽古 丸太や岩を使った筋力増強と集中力向上。
7 冨岡義勇(水柱) 詳細は不明 義勇は途中からの参加となり、その特訓内容は明らかにされていません。
胡蝶しのぶ(蟲柱) 不参加 不参加

これらの試練は、無惨や上弦の鬼たちとの戦いを見据えた必要なスキルの向上を目的としており、各柱の個性が色濃く反映されています。

この視点から各特訓を考えると、それぞれの訓練の意義や深みがさらに理解できるでしょう。

 

善逸が受け取る手紙

善逸が受け取った「ある手紙」は、彼の行動に顕著な変化をもたらしました。

この手紙の具体的な内容は当初明らかにされていませんが、その後の展開から推測することができます。

善逸の態度の変化と、最終決戦での上弦の鬼、獪岳との対話から、手紙には善逸の師匠である桑島慈悟郎が自らの命を絶ち、その責任を取ったことが書かれていた可能性が高いです。

この事実は獪岳の鬼化と直接関連があり、物語における重要な伏線の一つとなっています。

 

悲鳴嶼行冥の過去

『鬼滅の刃』の世界では、多くの柱が哀しい過去を持っています。

柱の中でも特に悲鳴嶼行冥の過去は印象が強いストーリーです。

柱稽古編でその詳細が描かれています。

悲鳴嶼はもともと、大きな寺で孤児たちと共に暮らしていました。

しかし、ある日、寺を鬼が襲い、彼の周りの子供たちが次々と命を奪われてしまいます。

盲目であるにもかかわらず、悲鳴嶼は必死に鬼に立ち向かい、残った一人の少女を守り抜きます。

しかし、この悲劇は彼にとってさらなる苦痛をもたらすことになります。

事件が終息した後、残った少女が動揺からか悲鳴嶼を「あの人は化け物」と非難し、彼が寺の子供たちを殺害したと証言してしまうのです。

その時、鬼の姿はすでに消えており、少女の証言がすべてとなり、悲鳴嶼は死刑を宣告されてしまいます。

彼が必死で守った少女からの裏切り行為は、その後の悲鳴嶼の子どもへの深い不信感に大きく影響しています。

これは彼がどれだけ過酷な状況下でも戦い続ける理由の一つとなっており、彼のキャラクターの深さをより一層際立たせています。

 

冨岡義勇と錆兎の関係性

錆兎の役割とその影響

錆兎は、炭治郎の成長に大きな影響を与えた存在で、お面を被った少年の幽霊として描かれています。

彼は鱗滝左近次の過去の弟子であり、炭治郎の修行中に初めて登場しました。このことから、錆兎は炭治郎の実質的な兄弟子と位置づけられます。

 

錆兎と冨岡義勇の深い絆

物語が進むにつれて、錆兎と冨岡義勇の間には深い友情が存在していたことが明らかになります。

二人は親友同士として最終戦にも共に参戦しましたが、戦いの中で錆兎は多くの鬼を倒した後に命を落とし、義勇だけが生き残りました。

 

義勇の葛藤と成長

錆兎の死は義勇にとって深い心残りとなり、彼は自らが柱に値しないと感じ、当初は柱稽古に参加していませんでした。

しかし、炭治郎が「錆兎から託されたものを繋いでいかないんですか」と問いかけたことで、錆兎の言葉を思い出し、義勇は過去を乗り越え前へ進む決意を固めます。

 

このエピソードは、義勇の内面の葛藤と成長を深く描いており、彼のキャラクターに対する理解を深める重要なポイントです。

義勇が過去の影響を受けつつも、未来へと進む決意を新たにする様子は、多くのファンに感動を与えています。

 

まとめ 鬼滅の刃柱稽古編はつまらないしひどい?短いって本当?

鬼滅の刃柱稽古編はつまらない?短いしひどいと言われる理由を解説

今回は、鬼滅の刃の柱稽古編はつまらない、短いしひどいと言われる理由を解説しました。

アニメ版も5月よりようやくスタートしましたが、すぐに終わってしまうかもしれませんね!

それでも、柱達の過去のエピソードも見る事が出来るので堪能します!

 

鬼滅の刃の柱稽古編がつまらない、短い、ひどいと言われる内容は以下の通りです。

  1. 敵キャラが登場しない
  2. 柱稽古編のエピソードが短い
  3. 戦闘がなく映像化の魅力が欠ける

 

鬼滅の刃の柱稽古編の見どころは以下の通りです。

  1. アニメ版ではオリジナルのストーリーが盛り込まれるかも
  2. 感情を取り戻した霞柱・時透無一郎
  3. 各柱の特訓
  4. 善逸が受け取る手紙
  5. 悲鳴嶼行冥の過去
  6. 冨岡義勇と錆兎の関係性

 

今後も、鬼滅の刃の柱稽古編はつまらない、短いしひどいと言われる理由について最新情報が入り次第更新していきます。

鬼滅の刃柱稽古編はつまらない?短いしひどいと言われる理由を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次