MENU
仁芭
編集部
こんにちは!アニメと漫画が大好きで、それらを中心に映画、グッズ、コラボ商品などを紹介するブログを運営しています!最新のヒット作から隠れた名作まで、心を動かされたものを皆さんと共有していきます。ファン同士、楽しく情報交換しましょう!
カテゴリー

記事にはプロモーションが含まれてます

怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜ?面白いのは最初だけで過大評価?

怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜ?面白いのは最初だけで過大評価?

「怪獣8号」に関して、その魅力が評価されている一方で、一部からは「つまらない」との声も挙がっています。

まだ読んだことが無い方からすると、このような評判を聞くと、読むべきかどうか悩むかもしれません。

その他にも、「おもしろいのは最初だけ」や「過大評価だな」などと言われる始末です。

しかし、人気があることは間違いなく、評価が高い漫画と言えます!

既に読んだことがある方々からすると、自分が感じた印象と世間の評価がどれだけ一致しているか、興味深いかもしれません!

そこでこの記事では、怪獣8号が「つまらない」と言われるのは理由や、面白いのは最初だけで過大評価なのか調査してみました。

この作品について深く知りたい方は、ぜひご覧ください。

編集部:仁芭
怪獣8号は「次にくるマンガ大賞2021」のWebマンガ部門で1位を獲得した作品ですね!
この記事でわかること
  • 怪獣8号の「つまらない」と言われる理由
  • 怪獣8号「面白いのは最初だけ」「過大評価」と言われる理由
目次

怪獣8号はつまらないと言われる理由

怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜ?面白いのは最初だけで過大評価?

画像引用:怪獣8号 テレビ東京アニメ公式

「怪獣8号」は、少年ジャンプ+での評価が非常に信頼されており、一般的には高い評価を受けています。

この作品は過大評価されているわけではなく、一貫してランキングの上位に位置しています。

にもかかわらず、一部の視聴者からは「面白くない」「以前ほど面白くなくなった」との声も上がっています。

特に、X(旧Twitter)ではこのような意見がしばしば見られます。

では、なぜ「怪獣8号」がこのような評価を受けるのか?

その理由を探るため以下の順序で考察していきます。

  • 理由①最初だけが面白い
  • 理由②THE・王道
  • 理由③初期設置はどこかにいってしまった
  • 理由④敵の種類が少ない
  • 理由⑤正体がバレルのが早い
  • 理由⑥結局何がしたいのか不明
  • 理由⑦主人公がオッサンでロリコン

 

怪獣8号はつまらないと言われる理由①最初だけが面白い

「怪獣8号」は初めは魅力的であったが次第に魅力が薄れつつあります。

物語が始まってからしばらくの間は、その勢いが注目され第4巻が市場に出たときには、出版からわずかな期間で合計400万部を超える大ヒットを記録しました。

しかし、物語が進むにつれ、特に主人公が「怪獣9号」という敵に敗れてからは、物語の引きが弱まり始めま、第6巻あたりから顕著になり、それが原因で読者が次第に離れていった可能性があります。

それにより、続巻が出版されるたびに、以前のような売り上げを維持するのが難しくなり第9巻では1100万部を突破したとはいえ、これは以前の記録と比較して見ると、勢いが明らかに減速していることを示しています。

この事から序盤の4巻までは面白いと感じる読者は多く、6巻以降はイマイチと感じる読者が多いという印象です。

 

怪獣8号はつまらないと言われる理由②THE・王道

「怪獣8号」はバトル漫画で、伝統的な設定を採用しているため、一部の読者からは「つまらない」と評価されることがあります。

最近の人気なバトル漫画というと、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」のような作品が注目を集めています。

これらはそれぞれ独自の要素(呼吸法や呪術)を取り入れているため、新鮮さを感じさせます。

しかし、「怪獣8号」のような作品は、従来の設定を踏襲しているため、市場には似たような作品が多数存在します。

たとえば、「エヴァンゲリオン」や「進撃の巨人」「テラフォーマーズ」などは、敵に対抗するためにスーツや武器を用いるという共通のテーマを持っています。

これらの作品との類似点が多いため、漫画ファンには馴染み深く感じられるかもしれませんが、新鮮さを求める読者にとっては物足りないかもしれません。

 

怪獣8号はつまらないと言われる理由③初期設置はどこかにいってしまった

「怪獣8号」の物語は、主人公カフカが元清掃員であり、怪獣の残骸の清掃を行っていたことから始まります。

しかし、物語序盤ではこのユニークなバックグラウンドがあまり活用されておらず、カフカが防衛隊に入隊してからの展開が主に描かれています。

これが原因で、作品を「面白くない」と感じる読者もいるようです。

この点については、批判も多く、作者側もこれを受けて後のエピソードでカフカの「元清掃員」という背景をもっと活かすシーンを描いています。

この調整が、カフカのキャラクターに更なる深みを与え、物語全体の魅力を増していると言えるでしょう。

 

怪獣8号はつまらないと言われる理由④敵の種類が少ない

「怪獣8号」の物語では、敵キャラクターが限られており、特に怪獣9号はラスボスとして予想されていますが、頻繁に登場します。

通常、ラスボスとの戦いは物語のクライマックスであるため、その登場はごく限られたべきです。

しかし、この作品では比較的登場する敵が少なく、結果として怪獣9号との対決が何度も描かれてしまっています。

これが一部の視聴者からは物語のマンネリ化と捉えられ、「面白くない」という意見につながっているようです。

最初は批判されがちだったものの、現在では怪獣9号以外にも様々な強力な敵が登場するようになり、物語に新たな動きが見られるようになりました。

これにより、物語の多様性と緊張感が増し、視聴者の興味を引き続き保っています。

 

怪獣8号はつまらないと言われる理由⑤正体がバレるのが早すぎる

物語の中でカフカの正体が「怪獣8号」であることが、驚くほど早い段階でバレてしまいます。

具体的には第4巻で明らかになります。通常このような作品の場合、主人公の秘密はもっと物語が進行してから明らかにされるものですが、この作品では予想外に早くその情報がバレてしまいました。

多くの読者は、カフカがその秘密を抱えながら防衛隊員として戦う姿を楽しみにしていましたのに、早期に秘密が露見するという展開は、多くの読者にとって意外な裏切りと感じられたのです。

この展開が原因で、物語は「おもしろいのは最初だけ」という評価を受けることとなりました。

 

怪獣8号はつまらないと言われる理由⑥結局何がしたいのか不明

怪獣9号のキャラクターは、強力な大怪獣を生み出す能力や人間に擬態するという特異な技を持ち合わせていますが、その動機や目的が明確にされていないため、物語の理解が難しくなっています。

例として挙げると、「鬼滅の刃」では、敵である「鬼舞辻無惨」の目的がはっきりしており、彼岸花を探すことや強力な鬼を作ることなど、彼の行動には明確な理由があります。

対照的に、怪獣9号はその存在理由や人間への敵意の根源が不明瞭のまま、長期間にわたって防衛隊と戦い続けています。

このため、物語に深みが欠け、「つまらない」との評価を受けているようです。

怪獣の破片や防衛隊員の生きたサンプルを集める理由など、もし彼の動機が明確に描かれれば、物語はより広い観客に受け入れられる魅力的なものになるかもしれません。

 

怪獣8号はつまらないと言われる理由⑦主人公がオッサンでロリコン

「怪獣8号」の主人公、日比野カフカについてのキャラクター設定は賛否両論あります。

32歳のカフカが、自身より5歳年下の幼なじみに長い間憧れ、一途に想い続ける様子は、一部の読者からは魅力的と捉えられる一方で、「キモい」と感じる読者もいます。

さらに、物語にはカフカに好意を寄せるもう一人のヒロイン、四ノ宮キコルが登場します。

彼女はカフカよりも一回り近く年が若く、この年齢差による関係性が、一部では「ありきたりな展開」として批判の的になっています。

このようなキャラクター関係が、作品の評価を分ける一因となり、物語に対する「つまらない」という意見が生まれることもあるようです。

 

怪獣8号は過大評価なのか

「怪獣8号」が過大評価されているとの声が、なぜ起こっているのでしょうか。

2024年4月にはアニメ化もされ名前を耳にすることが多いです。

しかし、実際の魅力と人々の期待には隔たりがあるのかもしれません。

SNSなどのネット上の議論を通じて、「この漫画は本当に評価されるほどのものなのか?」と疑問を感じる瞬間があります。

しかし、なぜ「怪獣8号」が特に注目を集め、同時に過大評価のレッテルを受けるのかを探ることは興味深いです。

この作品が一部で過大評価とされる理由は、面白いと評価が高いと思ってた作品が、作品を読んだ後、自分が想像していた内容とのギャップにあります。

また、SNSやフォーラムで見かける「期待外れだった」という声が、過大評価されているとの評価に繋がっているかもしれません。

「怪獣8号」のファンと批評家からは様々な意見が聞かれますが、その魅力は人によって異なる影響を与えています。

アクション満載のシーンに心を躍らせる人もいれば、もっと物語やキャラクターの深掘りを求める声もあります。

編集部:仁芭
個人的には、カフカのおっさんっぷりが好きです!

 

まとめ 怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜ?面白いのは最初だけで過大評価?

怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜ?面白いのは最初だけで過大評価?

今回は、怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜなのかその理由や面白いのは最初だけで過大評価なのか調査しました。

理由を上げるとしたら次の7つがポイントとなるでしょう!

  • 理由①最初だけが面白い
  • 理由②THE・王道
  • 理由③初期設置はどこかにいってしまった
  • 理由④敵の種類が少ない
  • 理由⑤正体がバレルのが早い
  • 理由⑥結局何がしたいのか不明
  • 理由⑦主人公がオッサンでロリコン

また、過大評価とされる理由は、面白いと評価が高いと思ってた作品が、作品を読んだ後、自分が想像していた内容とのギャップによるものと推測できます。

今後も物語の展開や内容次第では、怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜなのかその理由や面白いのは最初だけで過大評価なのか随時更新していきます。

怪獣8号がつまらないと言われるのはなぜ?面白いのは最初だけで過大評価?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは!アニメと漫画が大好きで、それらを中心に映画、グッズ、コラボ商品などを紹介するブログを運営しています!最新のヒット作から隠れた名作まで、心を動かされたものを皆さんと共有していきます。ファン同士、楽しく情報交換しましょう!

目次