記事にはプロモーションが含まれてます

推しの子の絵柄や目が気持ち悪い?嫌いと言われる理由も解説

推しの子の絵柄や目が気持ち悪い?嫌いと言われる理由も解説

『推しの子』は、前世でファンだったアイドル星野アイの子どもとして転生した双子を中心に展開する物語で、芸能界が舞台です。

星野アイが亡くなった後が物語の大きな転機となります。

この作品はアニメ化されて以来、小さな子どもから大人まで多くのファンを獲得しています。

しかし、ストーリーや設定に対して「嫌い」「気持ち悪い」と感じる人もいるようです。

赤ちゃんの頃でも、前世の記憶が残っており中身は大人なので「気持ち悪い」と感じる方もいるようですね。

また、「絵柄」や「目」が嫌いと感じる方もいらっしゃるようです。

そこで、この記事では『推しの子』が「絵柄」や「目」が「嫌い」「気持ち悪い」と言われる理由も解説していきます。

編集部:仁芭
見た目は子供、中身は大人なんで、普通の赤ちゃんとは違いますからね!
この記事でわかること
  • 推しの子が『嫌い』と言われる理由について
  • 推しの子が『気持ち悪い』と言われる理由について

 

目次

推しの子の絵柄や目が気持ち悪い?嫌いと言われる理由

推しの子の赤ちゃんが気持ち悪い?嫌いと言われる理由も解説

画像引用:アニメ『【推しの子】』公式サイト

『推しの子』はその独特な内容とキャラクター設定により、特定の視聴者から強い反感を受けることがあります。

ここでは、その理由を9つに分けて詳しく説明します。

  1. 瞳にある星の目が不気味
  2. 主人公の転生設定
  3. アイの死亡シーン
  4. 16歳の妊娠設定
  5. 作者の絵柄(作画)
  6. ルビーとアクアのオタ芸
  7. 過敏なファン
  8. キャラクターの行動や言動
  9. 実写化の反応

これらの理由が、『推しの子』が特定の視聴者から「気持ち悪い」「嫌い」と言われる背景にあります。

それぞれの視点から物語やキャラクターをどう受け止めるかは、個人の価値観に大きく依存します。

 

瞳にある星の目が不気味

『推しの子』が気持ち悪いと感じられる一つの理由は、「瞳にある星の目がキモい」という点です。

この特徴は、星野アイやその双子の子どもたちアクアとルビー、そして父親のカミキヒカルの目に見られ、物語に深い意味を持っている可能性があります。

その独特な作風は、他の作品ではあまり見られず、その大きさや描写の仕方によっては見る人によっては違和感を覚えることもあるようです。

時折、他のキャラクターの目に星が現れることがあり、これが物語の伏線になっているとする意見も存在します。

この星の目がストーリーにどのように関わってくるのか、今後の展開に注目です。

 

主人公の転生設定

「主人公が推しの赤ちゃんに転生する」という設定について、多くの批判的な意見が寄せられています。

主人公のゴローは、生前に憧れていたアイドル、星野アイの子供として転生するというストーリーです。

この設定に対し、「好きなアイドルの子供になる」という発想自体に嫌悪感を示す声がある一方で、SNS上でファンが同様の発言をすることが「気持ち悪い」とされることもあります。

ただし、このユニークな設定が作品の核となっており、それが物語の魅力の一部ともされています。

 

アイの亡くなるシーン

アニメ『推しの子』におけるアイの亡くなるシーンは、多くの視聴者にとって非常に衝撃的で怖い瞬間として受け止められました。

特に、彼女がファンの男性に刺されるというドラマチックな出来事は、原作の第9話およびアニメの第1話で描かれ、視聴者を驚かせました。

この事件は、推しアイドルの子どもとして物語が展開する重要な転機となっています。

アニメでは、このシーンがカラーで描かれ、リアルな血の表現と悲しいBGMが追加され、さらに生々しさを増しています。

このリアルな描写が、一部の視聴者にとっては過剰に怖く感じられたようです。

このため、アイが亡くなったシーンを見た後に物語を続けるのが難しいと感じるファンも少なくありませんでした。

 

16歳の妊娠設定

『推しの子』の物語で描かれる16歳の少女が妊娠するという設定は、多くの議論と批判を引き起こしています。

この設定は、一般的な社会規範と異なる非常にセンシティブなテーマであるため、視聴者からのネガティブな反応が見られます。

物語では、16歳のアイドルが父親不明のまま出産するシナリオが展開されます。

未成年の妊娠自体が社会的に敏感な問題であり、特にエンターテインメント業界におけるアイドルとしての身分での妊娠は、さらに大きなタブーとされています。

第1話では、アイがゴローの前に現れ、妊娠が公になれば彼女の人生とキャリアが脅かされることが示唆されています。

物語の中で、壱護社長が「16歳で妊娠出産なんて世に知られたら」と述べるシーンは、この設定の社会的な重みを反映しています。

現実の社会では、未婚の若者の妊娠はしばしば批判の対象となり、特に公の立場にある人物にとってはその圧力が大きいです。

このような背景から、物語のこの部分を「気持ち悪い」と感じる視聴者がいるのは、ある程度自然な反応かもしれません。

この設定が引き起こす論争は、作者が意図的に挑んだ社会的な問題への挑戦であり、それに対する各々の反応が物語の受け止め方に大きく影響を与えています。

『推しの子』のこのような挑戦的なテーマは、物語の深さを増す一方で、視聴者の価値観に基づいた様々な反応を引き出しています。

 

作者の絵柄(作画)

『推しの子』に対する批判の中には、「作者の描く絵柄(作画)がキモい」という意見もあります。

この感想は、特にキャラクターの異様にギラギラした目や、動きのないシーンが原因で挙げられています。

さらに、横槍メンゴさんの絵柄自体が一部の読者には受け入れがたいと感じられ、その技術やタッチに対して否定的な見解も存在します。

しかし、作画の好みは非常に個人的なものであり、全ての人に同じように受け入れられるわけではありません。

このため、否定的な意見が存在するのは避けられない側面です。それにもかかわらず、「絵は嫌いだけど、ストーリーは好き」という意見もあり、作品の内容が絵柄を超えて評価されるケースもあるようです。

このことから、絵が受け入れられない場合でも、その他の要素でファンになる可能性があることが示されています。

 

ルビーとアクアのオタ芸

「ルビーとアクアが行うオタ芸が気持ち悪い」という意見が存在しています。

この二人は前世がアイドルオタクだったため、赤ちゃんの頃からオタ芸を披露しており、新生B小町のコンサートではアクアが箱推しサイリュウムを使ってオタ芸を展開しています。

オタ芸に馴染みのない人には異質に感じられることが多いですが、この文化は次第に広がりを見せており、一部ではオタ芸がポップカルチャーの一環として認識され始めています。

 

過敏なファン

『推しの子』に描かれるアイドルファンの描写は、一部の視聴者から不快感を与えているようです。

原作やアニメに登場するファンの行動がリアルすぎるため、過激なファンの存在が気持ち悪さに繋がっていると感じる人もいます。

特に、アイの死を招いた過激なファンや、アカネが炎上する際のSNS上の投稿は、現実の芸能界のダークな側面を色濃く反映しています。

さらに、作中でのオタク文化の描写も非常に詳細で、オタクの服装や熱心にコールをする様子はリアルに描かれており、この点が現実とフィクションの境界を曖昧にしています。

芸能界やアイドル業界の描写としては避けられない要素であり、SNS上での誹謗中傷やオタクの描写は、物語にリアリズムを加えるものの、視聴者によっては過剰にリアルで不快に感じることがあるようです。

 

キャラクターの行動や言動

『推しの子』が一部の視聴者から「気持ち悪い・嫌い」と言われる理由の一つに、キャラクターの行動や言動が挙げられます。

ここでは、その具体的な内容と視聴者の反応を詳細に解説します。

ゴローの行動

ゴローはドルオタ(アイドルオタク)として描かれ、病室のテレビを使ってアイドルの布教活動を行っています。その熱狂的な行動は、周囲から「ロリコン」というレッテルを貼られるほどです。この過剰なファン行動は、一部の視聴者に不快感を与えています。

 

双子のアクアとルビー

アクアとルビーは赤ちゃんでありながら流暢な言葉を話し、特にルビーはスマートフォンを使いこなしてアンチとのリプライ戦を展開しています。

この現実離れした描写が、視聴者に違和感やキモさを感じさせる要因となっています。

 

有馬かなの存在

有馬かなの言動や存在自体がキツいと感じる意見もあります。

彼女のキャラクターは、その強烈な個性が一部の視聴者には受け入れがたいと感じられているようです。

 

アクアの設定

また、アクアのキャラクター設定が30歳を超えた男性の精神を持っているという点も、一部からは受け入れがたく、不快感を引き起こしています。

 

視聴者の対応策

不快感を覚えた視聴者の中には、アイが死亡し、双子が高校生になるところから物語を読み直すことで、気持ち悪さが軽減されると感じる人もいます。

この段階から物語を追い始めることで、より成熟した内容と接することができるため、キャラクターの行動が受け入れやすくなるかもしれません。

 

これらのキャラクターの行動や設定が、視聴者に強い印象を与え、作品に対する評価が分かれる要因となっていることは間違いありません。

 

映画化の反応

2024年1月に電撃的に発表された『推しの子』の映画化に対して、「気持ち悪い」といった批判の声が上がっています。

この批判は、以前から原作に対して感じられていた不快感に加え、漫画作品を映画化すること自体への反感が影響していると考えられます。

特に、原作のファンの中には、作品の映画化自体を好まない人も多く、これがネガティブな印象を強めています。

それでも、映画化が成功する例も存在するため、最終的な成果には期待する声もあります。

特に原作キャラクターが持つビジュアル的な魅力を人間が演じることに対する違和感が、視聴者からの批判につながっているようです。

今後は、この映画化に対する具体的なSNSや口コミの反応を詳しく調査し、どのような意見が多いのか探ってみることが重要です。

 

まとめ 推しの子の絵柄や目が気持ち悪い?嫌いと言われる理由も解説

推しの子の絵柄や目が気持ち悪い?嫌いと言われる理由も解説

今回は、『推しの子』が「嫌い」「気持ち悪い」と言われる理由も解説しました。

一部転生後の赤ちゃんも対象となっていましたね。

中身が大人な分、「嫌い」「気持ち悪い」と感じてしまう方もいらっしゃるようです。

今回の「嫌い」「気持ち悪い」と言われる内容については以下の通りです。

  1. 瞳にある星の目が不気味
  2. 主人公の転生設定
  3. アイの死亡シーン
  4. 16歳の妊娠設定
  5. 作者の絵柄(作画)
  6. ルビーとアクアのオタ芸
  7. 過敏なファン
  8. キャラクターの行動や言動
  9. 実写化の反応

これから第2期が始まるので、『推しの子』が「嫌い」「気持ち悪い」と言われる理由が増えるかもしれませんね。

その際はこの記事で最新情報を更新していきます。

推しの子の絵柄や目が気持ち悪い?嫌いと言われる理由も解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次