記事にはプロモーションが含まれてます

推しの子実写ひどい?やめろと批判が多く炎上した理由を解説!

推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した?

2024年1月24日に発表された『推しの子』の実写化プロジェクトは、発表直後から「ひどい」「やめろ」といった厳しい意見が多く寄せられ、一部で批判が炎上する事態となりました。

このような反応が見られる背景には、原作のファンからの期待とその内容への強い愛着があると思われます。

『推しの子』は独特のキャラクター描写と心理的な深さが魅力であり、ファンにとってはその繊細な表現を実写化でどう再現するのか、懸念が大きいようです。

特に、原作の魅力をどう実写映画やドラマで表現できるのかについては、多くのファンが警戒しており、実写化に対する批判的な声が上がっています。

そこで当記事では、推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した理由を解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

編集部:仁芭
なんでもかんでも実写化するのはどうかと思います。銀魂とかるろ剣の実写は大好きです!

 

目次

推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した?

推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した?

画像引用:【推しの子】 実写映像化決定!! | 東映[映画]

『推しの子』が実写化されることが決定し、2024年冬にはPrime Videoでの世界独占配信が開始される予定です。

さらに、映画版は東映配給で劇場公開されるとのこと。

これに伴い、主要キャストも発表されました。

主要キャスト一覧
  • アクア役:櫻井海音
  • アイ役:齋藤飛鳥
  • ルビー役:齊藤なぎさ
  • 有馬かな役:原菜乃華
  • 黒川あかね役:茅島みずき
  • MEMちょ役:あの

この発表により、『推しの子』の実写化には非常に高い注目が集まっていますが、一方で「ひどい」「やめろ」といった批判的な声が多数上がっています。

では、実際にどのような批判的な声があるのかご紹介していきます。

 

推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した理由

『推しの子』の実写化プロジェクトが「ひどい・やめてほしい」と炎上し批判されている主な理由は以下の7つです。

  1. 原作通りには再現不可能
  2. コスプレ感がひどい・クオリティが低い
  3. 予算が無い
  4. キャラとキャストとのイメージが違いすぎる
  5. キャストの演技への不安
  6. アニメが大人気過ぎるため期待値が大きい
  7. 原作者の先生すらも不安の声

これらの問題は実写化されるアニメや漫画作品でよく見られるもので、特に大人気作品の場合、原作ファンの期待値は非常に高いため、制作側の挑戦は困難を極めます。

今後、制作チームがファンの声にどのように応えるかが注目されるポイントとなります。

 

原作通りには再現不可能

実写化に対する批判の一つとして、『推しの子』の原作を忠実に再現できない点が挙げられています。

この作品はアイドルや女優を目指す女の子たちの成長や、復讐を遂げるためのミステリー要素が含まれており、実写化に向いていないわけではありません。

しかし、オタクがアイドルの子に転生するなどの非現実的な要素が多く、2次元特有の表現、例えば特定のキャラクターの表情や行動が実写では表現しにくいため、原作の魅力を完全に再現することが困難であるとされています。

 

コスプレ感がひどい・クオリティが低い

『推しの子』の実写化におけるもう一つの批判点は、メイクや衣装のビジュアルクオリティの低さです。

特に公開されたポスターには、「コスプレ感がすごい…」との声が挙がっています。

アニメの鮮やかな髪色や特徴的な色使いを忠実に再現しようとした結果、不自然で低品質な印象を与えてしまったようです。

ファンからは、「ポスターでこのクオリティだと、動画ではどうなってしまうのか…」という懸念の声も多く聞かれます。

実写化にあたっては、アニメ特有の非現実的な要素をどう現実的に落とし込むかが重要であり、この点での配慮が不足していると感じられているのです。

実際、アニメのキャラクターを実写で表現する際には、その独特の外見をどの程度リアリティーあるものに調整するかがキーになります。

『推しの子』のような人気作の実写化では、特にそのバランス取りが求められますが、今回の試みは多くのファンから「コスプレ劇場」と揶揄される結果となってしまいました。

ビジュアルに関する批判がこれほどまでに集中する背景には、ファンの期待と実際の出来のギャップが大きいことが挙げられます。

より現実的で説得力のあるデザインへの調整が、原作ファンに受け入れられる実写化への鍵かもしれません。

 

予算が無い

予算が低いとの懸念 『推しの子』実写化プロジェクトに対する批判の一つに、プロジェクトの予算が低いという点が挙げられています。

公開されたビジュアルがコスプレ感が強いと受け取られ、これが予算の制約によるものではないかとの不安が生じています。

特に、アイ役に関しては橋本環奈を推す声が多かった中で、最終的に齋藤飛鳥が選ばれたことも議論を呼んでいます。

その他のキャストに関しても知名度が低いとされ、これが予算の制限によるものかと推測されています。

さらに、Amazon Primeでの国内ドラマ制作においても、一般的に予算が限られているのではないかという声が多く、これが実写化プロジェクトの質に影響を与えている可能性が指摘されています。

アニメの独特な世界観を実写で表現するためには相応の予算が必要ですが、予算が低いとされる現状では、その再現が困難であると懸念されています。

このため、ファンからはプロジェクトの質向上に向けたさらなる投資を望む声が上がっています。

これらの問題点がどのように取り扱われ、改善されるかが、『推しの子』実写化プロジェクトの成功に大きく関わってくるでしょう。

 

キャラとキャストとのイメージが違いすぎる

『推しの子』実写化が批判される大きな理由の一つが、「キャラとイメージが違う」という点です。

特に、主要キャラクターのキャスティングに対するファンの反応は賛否が分かれています。

例えば、MEMちょ役のあのちゃんについては、肯定的な意見が多く寄せられましたが、アイ役の齋藤飛鳥ちゃんについては意見が大きく分かれています。

多くのファンがアイ役に橋本環奈ちゃんを望んでいたこともあり、齋藤飛鳥ちゃんのキャスティングには「イメージが違う」という声が上がっています。

さらに、他の出演者に関しても「イメージと異なる」という反応が多く見られました。

中には、今田美桜さんや平野紫耀さんが適役だったと指摘する声もあります。

このようなキャスティングの選択に、予算やスケジュールの制約が影響しているのかもしれませんが、多くのファンは実写化プロジェクトのキャスティングに対して高い期待を持っていたため、そのギャップに失望感を抱いています。

 

キャストの演技への不安

『推しの子』実写化における批判の5番目の理由は、キャストの演技力に関連しています。

アニメや漫画の実写化では、演技力が成功の鍵を握る要素です。特に『推しの子』のように原作ファンが多く、視聴者にすでに強いキャラクターイメージが形成されている作品では、キャストの演技に対する期待が非常に高まります。

この作品では、特に舞台の場面が多く、役者が役者を演じるメタ演技が求められるシーンが存在します。

そのため、選ばれたキャストがこれを適切に表現できるかどうかが大きな焦点となり、厳しい意見が多く寄せられています。

例えば、アクアの子供時代を演じるキャストには、見た目は子供でありながら内面の成熟さを表現する必要があり、この複雑な演技を求められる子役に対する期待とプレッシャーは非常に大きいです。

これらの理由から、キャストの演技力に対する評価は直接作品の受け止め方に影響し、少しの違和感もすぐに低評価につながる傾向にあります。

そのため、実写化プロジェクトにおけるキャスティングと演技指導の重要性が一層強調されています。

 

アニメが大人気過ぎるため期待値が大きい

『推しの子』実写化に対する批判の一つに、期待値が高すぎるという点があります。

人気の漫画やアニメを実写化する際には、批判が伴うことは避けられない現象です。

『推しの子』はその独特なストーリー、魅力的なキャラクター、特有の声の表現でファンに愛されています。

ファンはすでにアニメや漫画で形成された強烈な印象を持っており、これを超える実写版を作ることは非常に難しい課題です。

 

原作者の先生すらも不安の声

『推しの子』の実写化が発表された際、原作者の赤坂アカ氏は次のようにコメントしています。

「実写化をしようと言っていただいた時には、キャストの皆様にも制作陣の皆様にも『本当に大丈夫ですか?』と聞きたくなる気持ちでした」とのことです。

この言葉からは、赤坂氏自身もプロジェクトに対して一定の不安を感じていることが伝わってきます。

さらに、「引き受けていただいた皆様には感謝の念が尽きません」と感謝を表す一方で、ファンからは「まともに考えたらこの制作発表の時点で詰んでるけど、これからどうするんだろうね」という懸念の声が上がっています。

これらのコメントは、実写化に対する楽観的な期待とは異なり、懐疑的な意見が目立つ状況を反映しています。

しかし、実写化を楽しみにしている肯定的な意見もあり、その声も同時に注目されています。

 

 

推しの子実写化についての肯定的な意見は?

推しの子実写化について批判的な声が多い印象ですが、肯定的な意見についても調べてみました。

アイ役・齋藤飛鳥への支持

『推しの子』実写化プロジェクトには否定的な意見が多い中、齋藤飛鳥がアイ役を演じることに対する喜びの声が多く聞かれます。

彼女のファンからは、このキャスティングに強い支持が示されており、彼女の参加が新しいファン層を引き寄せる可能性があると期待されています。

新規ファン獲得の可能性

特に、原作のファンではないアイドルファンからの注目が集まっており、実写化によって異なる視聴層が作品に興味を持つ可能性があります。

アイドルファンの間では、彼女の新たな挑戦として実写化プロジェクトを応援する動きも見られます。

ビジュアルと演技への期待

さらに、キャスト全体のビジュアルレベルの高さが評価されており、演技に対する先入観を持たずに楽しむという意見もあります。

このように、実写版のビジュアルや演技に対して肯定的な期待を寄せる視聴者も多くいます。

 

以上のように、『推しの子』実写化に対する肯定的な反応は、キャスティングの成功、新規ファン層の獲得、そしてキャストのビジュアルと演技能力に関する期待に集約されています。

これらの肯定的な意見がプロジェクトの成功にどのように寄与するかが注目されています。

 

まとめ 推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した?

推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した?

今回は、推しの子の実写化がひどい・やめろと批判が多く炎上した理由について解説しました。

批判的な声
  • 原作通りには再現不可能
  • コスプレ感がひどい・クオリティが低い
  • 予算が無い
  • キャラとキャストとのイメージが違いすぎる
  • キャストの演技への不安
  • アニメが大人気過ぎるため期待値が大きい
  • 原作者の先生すらも不安の声
肯定的な声
  • アイ役・齋藤飛鳥への支持
  • 新規ファン獲得の可能性
  • ビジュアルと演技への期待

今後も、推しの子の実写化がひどい・やめろと批判が多く炎上した理由について最新情報が入り次第更新していきます。

編集部:仁芭
アニメを実写化するというのは、かなりハードルが高い印象です。それでも実写化への期待値は高いでしょう!

 

 

推しの子実写ひどい・やめろと批判が多く炎上した?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次